小児歯科(口育)一覧

【フッ素で虫歯予防】キッズデンタルパーク院内報

ぶくぶくフッ素で(フッ化物洗口)むし歯予防

4歳ごろ〜中学生の時期は、だんだんと大人の歯に生え変わる時期で
歯磨きも大変でむし歯になりやすくなります。
この時期に積極的にぶくぶくフッ素(フッ化物洗口)をすることで
むし歯の予防効果が期待できます。

なぜフッ素は歯にいいの?

①初期むし歯を修復(再石灰化の促進)
初期むし歯により歯から溶け出したカルシウムの修復促進してくれます。
②歯質を強化する(耐酸性)
むし歯による酸に溶けにくい強い歯になります。
③むし歯菌の抑制
フッ素の抗菌作用によりむし歯菌の働きを抑え、酸の産生を抑制させます。

フッ化物洗口によるむし歯予防効果

フッ化物局所応用別の予防効果率

・フッ化物洗口 🔱50〜80%
・フッ化物入り歯磨き粉 20〜30%

フッ素の種類や使い方によって予防効果は異なります。
お子さんに適したお家でのケア方法とフッ素に関しては
担当衛生士に聞いてみましょう!
どの方法も継続することが大切です。

横浜山手キッスデンタルパーク 神奈川県横浜市中区大和町2-48 2F 045-211-5010

一覧へ戻る