あなたは大丈夫?――沈黙の病気、歯周病――

歯周病は、自覚症状がないまま進行する怖い病気です。歯周組織をゆっくり破壊し、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうことがあります。日本の成人の半数以上が歯周病になっている可能性があるといわれており、他人事ではありません。以下でチェックしてみましょう。

  • ブラッシングすると歯ぐきから血が出る
  • 硬い物を咬んだときに歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 口の中がねばついている
  • 口臭が気になる
  • 歯がぐらぐらする
  • 歯が長くなったような気がする

1つでもチェックが入った方は、歯周病の可能性があります。もし歯周病だった場合、放っておいても治癒することはなく、悪化してしまいます。できるだけ早く当院にご相談ください。

歯周病の進行段階

  症状 内部の状態
初期
  • 痛みなどの自覚症状はない
  • ブラッシングのときに歯ぐきから出血したり、歯ぐきが腫れぼったく感じたりすることがある
  • 歯の周囲に歯石が付着し始めています。
  • 歯を支える骨へのダメージはまだありません。
  • 歯石を取り除き、ブラッシングをきちんと行うことで改善します。
中期
  • 水がしみるようになる
  • ブラッシングのときに歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきの腫れ・治癒が繰り返される
  • 歯ぐきを押すと膿が出る
  • 歯ぐきから臭いがする
  • 歯周ポケットが深くなり、初期の段階より深い場所に歯石が付着しています。
  • 歯にぐらつきはないものの、歯を支える骨の周囲が溶け始めています。
末期
  • 咬み合わせるだけで歯がぐらつく
  • 歯ぐきの腫れ、膿がひどくなる
  • ブラッシングのときに、毎回のように歯ぐきから出血する
  • 痛みが出ないこともある
  • 歯周ポケットがさらに深くなり、歯の根の先の奥深いところまで歯石が付着しています。
  • 歯を支える骨はほとんど溶けてしまっています。
  • 歯ぐきが歯からはがれ、歯を固定できなくなってきます。

歯周病検査方法と治療法

【歯周病検査】

歯の揺度検査

歯周病の進行とともに歯を支えている顎の骨が溶けるため、歯のぐらつきは大きくなっていきます。ピンセットで歯をつまんで動かす検査を行い、進行度合いを調べます。

レントゲン検査

歯周病の進行とともに歯を支えている顎の骨はどんどん溶かされていきます。レントゲンによって骨の吸収度を測定し、進行度合いを調べます。

【治療法】

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

中期の歯周病に行う外科的処置です。歯ぐきに局部麻酔をし、歯周ポケットの中にこびりついた歯石や炎症を起こしている歯肉部分などを除去します。

a-PDT治療

a-PDT治療

a-PDT治療とは、バイオテクノロジー治療「PDT」の優れた技術がいかされた施術法です。PDTは、レーザー光で殺菌するシステムで、がん治療に用いられているほか、歯周病の新しい治療法としても注目されています。

PDT治療のなかでも半導体レーザーを併用したa-PDTは、歯周病の細菌だけでなくウィルス、ガンジダなどの菌類、原生生物にも効果があります。また、歯周病の一般的な治療のひとつが抗生物質の投与が挙げられます。長期間、抗生物質を使用すると薬が効きにくくなりますが、a-PDT治療は耐性菌が発生しないためアレルギーなどの副作用も少なく、優れた治療法として、幅広い世代の患者さまに施術していただけます。

また、自分の歯だけでなく、インプラントの治療箇所周辺に発生する、インプラント歯周炎に関してもa-PDTは有効な治療法です。

施術の流れ

当院で扱っているa-PDT治療は、光に反応する光感受性薬剤を歯周ポケットに投与したあと、レーザー光を照射して、歯周病菌を死滅させます。痛みを伴わず、人体にも負担のない治療法ですので、何回でも行うことができます。

治療後のメンテナンス・ケア

歯周病治療が終了したら、すぐに予防をスタートしましょう。歯周病の再発を防止したり、新たな病気にかかったりしないよう、当院の定期検診を受診してください。

ページの先頭へ戻る