矯正治療で、心も体も健康的に

歯並びの乱れは、その見た目が理由でお悩みの方が多いのですが、問題は見た目だけにとどまりません。ブラッシングのしにくさから虫歯や歯周病になりやすかったり、しっかりと咀嚼できなかったり、発音しにくかったりという問題も起こることがあるのです。

歯並びが及ぼす悪影響

虫歯や歯周病の原因に

乱れた歯並びはブラッシングしにくく、磨き残しが生じやすいため、虫歯や歯周病を引き起こす可能性があります。

頭痛や肩こりになりやすい

歯並びの乱れは咬み合わせの乱れを招きます。余計な力が顎や筋肉にかかるため、頭痛や肩こりを引き起こす可能性があります。

体の成長に影響する

歯並びが乱れていると食べ物がよく咬めず、十分に咀嚼されないまま飲み込むため消化吸収が悪くなります。子供の場合は成長にも影響を及ぼします。

うまく発音できない

前歯の隙間が大きく空いていて空気がもれるほどであったり、歯の生えている向きが舌の正しい動きを阻害したりしている場合、発音に影響があります。

顎関節症になるおそれも

口が開けにくかったり、口を開けるときに音がしたりする顎関節症。その原因は様々ですが、歯並びの乱れも原因の一つとされています。

矯正治療とは、見た目を美しくするためだけではなく、健康的な生活を送るための治療でもあります。歯並びでお悩みの方は、どうぞ当院までご相談ください。

矯正治療のメリット

正しい咬み合わせになる

正しい咬み合わせでしっかりと咬めるようになると、消化を助け、顎を動かす筋肉が鍛えられ、歯ぐきの血行も良好になります。体を健康へと導く正しい咬み合わせにすることが、当院の矯正治療が目指すゴールです。

コンプレックスが解消される

出っ歯、すきっ歯、受け口などがコンプレックスになって、人前で笑えなかったり、人間関係に積極的になれなかったりすることは、とても残念なことです。矯正治療で歯並びを整えることで、心も体もよりポジティブになるでしょう。

矯正治療の流れ

Step1.矯正相談

歯並びで気になっていることについて、なんでもお気軽にお話しください。一般的な矯正治療の概略・装置・費用・期間等についてもご説明します。

Step2.検査

検査のために、口と顔の写真撮影、レントゲン写真撮影、歯型採取などを行います。

Step3.診断

検査結果を分析し、使用する矯正装置、治療の方針、スケジュールなどを立ててご説明します。

Step4.治療開始

矯正装置を装着し、治療開始です。

Step5.装置の調節、経過観察

装置の調節の場合は3~4週に1回、経過観察の場合は2~4ヶ月に1回、一定の間隔で通院していただきます。

Step6.保定

矯正装置を取り外した後は、取り外しのできる簡単な装置「リテーナー」を用いて整った歯並びを安定させます。

Step7.定期検診

保定終了後は、年に1回程度お口の健康管理のために定期検診にお越しください。

当院の矯正取り扱い装置

メタルブラケット

歯面に装着する「ブラケット」が金属でできている装置です。壊れにくく、歯の動きが若干早いのがメリットですが、目立つのがデメリットです。

クリアブラケット

歯の表側に装着するブラケットが透明なタイプです。ほとんど目立たないこと、ワイヤーを自然な色味にすることでより目立ちにくくできること、金属アレルギーの方でも治療が可能なのがメリットですが、治療費が比較的高額になるのがデメリットです。

セラミックブラケット

ブラケットが白いセラミックでできた矯正装置です。ほとんど目立たないこと、ワイヤーを自然な色味にすることでより目立ちにくくできること、金属アレルギーの方でも治療が可能なのがメリットですが、治療費が比較的高額になるのがデメリットです。

リンガルブラケット

ブラケットを歯の裏側に取り付け、そこにワイヤーを通すタイプの装置です。目立ちにくく、歯の表面のエナメル質を傷付けないのがメリットですが、治療費が比較的高額になること、表側矯正と比較して慣れるまで時間がかかること、治療期間も長くなることがデメリットです。

床矯正

おもにお子様の矯正で用いる装置です。入れ歯のような見た目の取り外しのできる装置を使って顎を広げていきます。抜歯しなくてもよいこと、痛みがないこと、歯を清掃しやすいことがメリットですが、1日の装着時間が短いと効果が現れにくいこと、取り外しのときに破損するおそれがあることがデメリットです。

インビザライン

プラスチックでできたマウスピース型の矯正装置です。透明で薄い素材なので目立たないこと、食事やブラッシングの邪魔にならないことがメリットですが、症例によっては適用できないケースがあることがデメリットです。

インビザラインについてさらに詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る