まるで自分の歯のような咬み心地を「インプラント」で

歯を失ってしまった場合、従来は入れ歯やブリッジで補っていましたが、その咬み心地には限界がありました。現在では、「インプラント」という本物の歯に劣らない咬み心地に回復する治療が選ばれています。

インプラント治療は、歯を失った部位の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せて機能を補う治療法。人工歯根が顎の骨としっかり結合するため、まるで自分の歯のような咬み心地を実現できます。

インプラント専門医による治療

インプラント専門医による治療

当院では、日本口腔インプラント学会認定医が治療を行います。
日本口腔インプラント学会認定医は、インプラント治療における豊富な知識・経験を持つ歯科医師に対してのみ認められた資格です。日本では、政府が唯一正式に認めている専門医資格で、他のインプラント関連の専門医資格に比べ取得が大変困難であることが知られております。

患者様が安心して治療を受けられる環境を整えておりますので、インプラントに関心がある方や、現在お使いの入れ歯にご不満がある方、まずお気軽にご相談ください。

インプラントのメリット

  1. 1.自分の歯のように咬める

    人工歯根と顎の骨がしっかりと結合するため、硬い物でも本物の歯のように咬めます。
  2. 2.顎の骨が痩せない

    食べ物を咬んだときの刺激が直接顎に伝わるため、入れ歯と比較して顎の骨が痩せにくいといったメリットがあります。
  3. 3.自然な見た目

    人工歯根に被せる人工歯の素材には、見た目も強度も天然歯に近いセラミックを使用。仕上がりが自然で違和感がありません。
  4. 4.隣の歯を傷付けない

    顎の骨に固定する方式なので、入れ歯やブリッジのように周囲の歯に負担をかけることがありません。

インプラント・入れ歯・ブリッジの違い

  インプラント
入れ歯(保険適用の場合)
ブリッジ



歯を失った場所の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せて機能を補う治療 失った歯の本数に合わせて作製した義歯を、バネなどを利用して装着することで機能を補う治療 義歯を被せる際の支えとなる両側の歯を削り、そこに連なった義歯を被せることで機能を補う治療



  • 見た目に違和感がなく自然で美しい
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • しっかりと咬める
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が低額
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 保険が適用される素材を使えば比較的安価




  • 治療費が高額
  • 外科手術をともなう
  • 治療を受けられないケースがある
  • 審美性が低いことがある
  • しっかりと咬めず違和感を覚えることもある
  • バネを使用する場合、その歯に負担がかかる
  • 手入れが必要
  • 使っていくうちに合わなくなっていく
  • 支えとなる健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯にかかる負担が大きい
  • 将来的には支えとなる歯を失う可能性もある

インプラントの流れ

Step1.初診・カウンセリング・ご説明

患者様の口腔内の状態を診察させていただき、カウンセリングで現在お困り事やご希望などを詳しくおうかがいします。その後、インプラント治療についてご説明させていただきます。

Step2.検査

病歴や健康状態などを問診し、レントゲンや歯科用CTで検査を行います。

Step3.治療計画・治療方針の立案、ご説明

カウンセリングや検査結果などから、患者様に合った治療計画・治療方針を立案し、ご提案いたします。治療内容、期間、費用などについてわかりやすくご説明いたしますので、ご不明な点など、ご遠慮なくご質問ください。インフォームドコンセントに基づき、ご理解・ご納得いただけるよう丁寧にご説明します。

Step4.治療計画・治療方針への同意

ご提案した治療計画・治療方針にご納得、ご同意いただけましたら治療に移ります。

Step5.一次手術

局所麻酔をして、顎の骨に人工歯根を埋め込む手術を行います。

Step6.抜糸

一次手術から1~2週間経過してから様子をみて抜糸し、患部の確認も行います。

Step7.安静期間

埋め込んだ人工歯根と顎の骨が結合するのを待ちます。期間は、下顎で2~3ヶ月、上顎で3~6ヶ月が一般的です。その間、仮歯を使用することもできます。

Step8.二次手術

人工歯根に人工歯を装着するために必要な支柱を取り付ける手術を行います。その後、1~6週間ほどの安静期間を置き、歯ぐきが治るのを待ちます。

Step9.人工歯の装着

二次手術の経過が落ち着いたら歯型を採り、色や形などご希望に合わせて人工歯を作製します。人工歯が完成したら装着をして治療完了です。

Step10.メンテナンス・定期検診

インプラント治療後は、インプラント周囲炎などの歯周病に似たインプラント特有のトラブルに注意が必要です。半年に1回程度の頻度で定期検診を受け、口腔内の状態に合わせたメンテナンスを受けましょう。

当院のインプラントシステム「アストラテックインプラント」

スウェーデンのアストラテック社によって開発された、生体への親和性に優れた、長期間の安定が期待できるインプラントです。世界中で実施された臨床実験の評価は常にトップレベル。まさに世界が認めたインプラントシステムです。

インプラントの保証について

安心の10年保証

当院でインプラント治療をされた患者様には、長期間、安心してインプラントをお使いいただけるよう、当院が指定した時期の定期検診の受診を条件に10年間の保証期間をお付けしております。天然歯が歯周病にかかるのと同じように、インプラントもインプラント周囲炎にかかる可能性があります。定期検診でしっかりチェックをしましょう。

保証内容

インプラントが脱落した(骨から外れてしまった)場合は、再度インプラントを埋め込みます。万が一、それが不可能な状態だった場合は、基本治療料を返金いたします。

保証範囲外のケース
  • 患者様ご自身の不注意、外傷が原因で、当院の責任ではないことが明らかな場合
  • 当院が指定した時期に定期検診を受診いただけなかった場合
  • 患者様ご自身の全身的な疾患(特に糖尿病)が原因でインプラントが脱落した場合

以上のような場合には、保証期間内であっても再治療費・修理費を申し受けます。

ページの先頭へ戻る